滝内保育園の絵画指導方法

  子どもの将来において、「想像力」と「表現力」は、仕事などの能力を高める重要な基礎

となります。滝内保育園では、この想像力と表現力を育てることを目的として、絵画指導を

行っており、このため、普通に絵を描かせるのとは少々異なる方法を採用しています。

@ 想像するテーマを与える

    「運動会で一番楽しかったことを思い出して」、「お散歩で見たお花を思い出して」

  など、思い出して描くテーマを与えます。


A 実際に想像させる

    「目をつむって、思い出してみて」と、実際に目を閉じて想像させます。

                  

B 想像したことを自分で話してもらう

   「思い出したことを言ってみて」、「何を描くのか言ってみて」など、一人一人に、想像

 したことを話してもらいます。

   年少組さんなど、初めはほとんど一単語しか話さない子もいますが、これは自分の

 考えを表現する練習として行うものであることから、保育者がうまく声掛けしながら、

 思ったことを表現する言葉を導き出すようにしています。

                

C 絵を描く

    絵を描くことをスタートさせたら、基本的には自由に描かせます。

    ただ、他の子の絵ばかり気にして手が動かない子や、面白くなさそうにしている

  子がいたら、「自分で思い出したことを描けばいいんだよ」、「ヘタでもいいから好き

  なように描いてみて」など、気持ちが乗って行くように声掛けします。

〇終わりに

    このように当園の絵画指導は、絵の仕上がりではなく、絵を描くために想像すること、

  表現すること、を重視したものとなっています。

    よって、外部の児童画賞の受賞数は必ずしも多いとは言えませんが、この方法によ

  って、子ども達が一生懸命に想像し、表現したことを讃えて、一年に一度、滝内保育園

  として全ての園児(3歳児クラス以上)を表彰しています。

園児たちの想像力・表現力豊かな絵画

<平成26年度>

<平成27年度>

D 発表してもらう

    絵が出来上がったら、一人一人に、自分の絵について何を描いたのか話してもら

  います。うまく話せない子も少なくありませんが、「これは何?」など聞きながら気持ち

  を乗せて言葉を導き出していきます。

    最後はみんなでその絵を讃えて終わりとします。  

<平成28年度>